医療基本手当

""

医療機器の利用者向けサポート

ご自身またはご家族の方が、電動式の医療機器やその他該当する医療機器を常用しなければならない場合、「医療基本手当」プログラムの対象となることがあります。こちらのプログラムでは、1日あたり16.5キロワット時 (kWh) の電力を追加で提供しています。医療基本手当の最低料金で提供しており、医療機器の運用コストを相殺することができます。

Expose as Block
No
Add Horizontal line
Off

申請プロセスについて

本プログラムの対象となる条件

 

ご本人またはご自宅に常時居住される方が以下に該当する場合、「医療基本手当」プログラムの対象になることがあります。

  • 機械的または人工的な生命維持、重要な身体機能 (移動を含む) の回復や代替手段として、電動式の医療もしくは生命維持装置 (下記の一部リストを参照) を常用する必要がある方、および/または
  • 温度に敏感で空調が必要な方、および/または
  • 生死にかかわる病気、免疫力の低下や冷暖房を必要とする状態にある方

お客様またはご家族のどなたかが本プログラムの対象となる場合、申請手続き中に1-800-655-4555までお電話いただければ、ご自宅に対象の医療機器を使用されている方がいらっしゃることを代理でお客様のアカウントに記載いたします。

パンフレットをダウンロード・印刷ください: 英語、および 英語 (文字サイズ大)

 

対象となる一部医療機器の一覧

治療に使用される機器であっても、生命維持のために医療上必要とされないものは対象外となります。

  • エアロゾルテント
  • エアマット/病院用ベッド
  • 無呼吸モニター
  • 人工呼吸器 (IPPB)
  • エアコンプレッサー/酸素濃縮器
  • 透析装置
  • 電気神経刺激装置
  • 電動ネブライザー (噴霧器)
  • 血液透析器
  • 点滴ポンプ
  • 肺動脈圧用吸入装置
  • 人工肺
  • 左室補助人工心臓 (LVAD)
  • 電動車椅子/スクーター
  • 酸素発生器
  • 圧力パッド
  • 圧力ポンプ
  • パルスオキシメーター/モニター
  • 人工呼吸器 (あらゆる種類を含む)
  • 吸引機
  • 完全人工心臓 (TAH-t)
  • Vest®/気道クリアランスシステム
  • 超音波ネブライザー

 

医療基本手当のパンフレットで利用可能な言語一覧

パンフレットをダウンロード・印刷ください:  

Expose as Block
No

申請書の提出

 

  • オンラインでのご登録* オンラインで申し込みされるお客様は、担当の医療従事者のメールアドレスをご準備ください。お申し込みの際に、医療従事者の方に署名をお願いするメールをお送りします。SCEからのメールが届くことをお知らせください。
  • オンラインでお申し込みできないお客様は、下記の申込書をダウンロードいただき、1ページ目と2ページ目を印刷してご記入の上、SCEまでご郵送ください。

*2021年7月1日以降は、2ページ目に医療従事者の署名が必要となります。電子署名または郵送による署名のいずれかの方法を選択できます。

申請書のダウンロードと印刷: 英語

申請書の郵送先:

Southern California Edison Company
Medical Baseline Department
P.O. Box 9527
Azusa, CA 91702-9954

医療基本手当の申請書で利用可能な言語一覧

パンフレットをダウンロード・印刷ください: 

Expose as Block
No

1~2年ごとに再認証

病状が永続的であると医療従事者が証明した場合、お客様は更新のため、2年ごとに申請書のパート1をご記入いただく必要があります。

医療従事者が病状を一時的であると診断した場合、お客様は1年ごとにパート1を、医師は2年ごとにパート2を提出する必要があります。

Expose as Block
No

緊急事態および輪番停電について

電動式の医療機器や生命維持装置を常に必要とするすべてのお客様につきましては、停電時に健康と福祉を確保するために必要なバックアップ電力システムやその他の計画をいつでも万全にしておく必要があります。SCEはバックアップ発電を提供しておりません。

カリフォルニア独立系統運用機関 (California Independent System Operator/CAISO) が稀にみるステージ3の緊急事態を宣言し、輪番停電を施行した場合、当社が医療ベースラインプログラムに加入されているお客様に録音済みの自動電話メッセージでご連絡いたします。当社は停電実施の予告を10分前にしか受けることができないため、お客様は停電前に把握できない場合があります。

公共電気遮断措置 (PSPS) が実施される場合、医療ベースラインプログラムに加入されているお客様には、ご希望の代替連絡方法 (メール、テキスト、SMS、テキスト電話/TTY) で連絡を試みます。使用している医療機器が生命維持のために必要であることを主治医から指摘されており、当社が指定された連絡方法で直接コンタクトを取れない場合、技術者がご自宅まで直接お伺いして公共電気遮断措置 (PSPS) に関するメッセージをお伝えします。

連絡先の更新や通知のキャンセルにつきましては、電話でご連絡ください。テキスト電話/TTYサービスについては、1-800-352-8580までお問い合わせください。

緊急時のバックアップ計画を立てるためのヒント

  • 生命維持装置を提供した病院や医療機関と協力して、バックアップ計画を立ててください。病院や医療機関が緊急時に特例のサービスを提供する場合もあります。
  • お住まいの地域の緊急サービス機関に、特別な医療ニーズを持つ顧客リストがあるかどうかお問い合せください。
  • 主治医や医療機器メーカーの連絡先など、緊急時にかける電話番号を控えておきましょう。
  • 長時間の停電が発生した場合の自宅からの避難計画を立て、家族や友人と共有しておきましょう。
  • フル充電された携帯電話や予備のバッテリーパックを用意しておきましょう。
  • その他の緊急時対策については、下記をご覧ください: www.redcross.org

停電時の安全対策についてはこちら >

Expose as Block
No
Add Horizontal line
Off

さらにサポートが必要な場合

医療基本手当に関するご質問や、標準の医療手当がお客様のニーズを満たしていない場合は、 1-800-655-4555 までご連絡ください。

Expose as Block
No
Add Horizontal line
Off